「12月19日 守口市民体育館での稽古」

投稿者: | 2020年12月20日

今日のお稽古は畑さん母娘、高野さん、夕ちゃん、Kさん、先崎さんの6人が参加して下さいました(^^♪
最初は子供も楽しく参加できるような運動がメインです。
そして今日はKさんが翌日(20日)に養神館本部で受験する指導者資格審査がありますので、そちらを多めに行いました。
特に普段は練習する事がない実戦即応技と指定指導法に時間を割きます。
実戦即応技とは相手(敵)が前から殴ってきた場合、後ろからダッキングしてきた場合を想定して取り抑えます。
この取り抑えは全力でやると大怪我の可能性が高くなるので、さすがに全力ではありません。
しかし、普段の型稽古のように成すがままに受けを取る訳でもなく、ある程度は抵抗して暴れるのを実際に取り抑えます。
実戦即応技に関して、Kさんは全く心配する事なく受験できそうです!
指定指導法は基本の技20個からランダムで1つ指定されます。
それをある程度のテンプレートと自分なりの解説で、周りの人に伝えるようなイメージで表現します。
先々週までは、しどろもどろだったり・まとまりがなかったりで心配でした。
それも先週からは非常にスムーズに上手になってきて安心していました。
特に今週は非の打ち所がなく、これなら間違いなく合格出来る!と思えるような内容だったので(自分が受験するわけではないですが)明日が楽しみです(-^〇^-)

また、これは自分の反省点なのですが今回、Kさんの指導者資格を受けるに辺りメインで指導させて頂きました。
しかし、寧ろ自分が初心を忘れていて思い出させてもらったり、自分の知らない技を知っていたりと大変勉強になりました。
指導しているつもりが、逆に指導されていたんですね。
そういった気付き・発見があり、大変有意義な時間を共有させて頂いたと思います。
四段・師範代を賜りましたが、また一からやり直しで精進して参ります。
皆さん、改めてご指導よろしくお願いいたします_(._.)_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です